マンションはオープンハウスで売るのがおすすめ

マンションを売るときには不動産業者の仲介は買取を利用します。仲介は時間がかかりますが売却金額が高くなる傾向があります。買取は物件の売却価格が仲介よりも安価です。反面すぐにマンションを売却できるメリットがあるので使いやすいです。

他の売り方としてオープンハウスというものも用意されています。ここではオープンハウスという売り方の特徴から、メリットとデメリットを紹介するので知っておきましょう。

マンションを開放して集客するのがオープンハウス

マンションを売るときにはオープンハウスにして売却が可能です。これは見込み客が購入をしてくれる機会を作るために利用できます。基本的にマンションは数多くの物件が売られています。自分の所持するマンションを売るときにはライバル物件が多く、見込み客も確実に自分の物件を選んでくれる保証はありません。

そこでできるだけ見込み客にマンションの情報を開示するためにオープンハウスが利用できます。特にマンション販売においてオープンハウス形式で売る方法は効果的です。

具体的なオープンハウスの内容ですが土日などにマンションを一般開放します。開放中は誰でも自由にマンションを見学する事が可能です。開放をするということは鍵も掛けず玄関も開けっ放しにします。防犯面が心配ですが開放中は室内にスタッフが常駐しています。

スタッフが見学者に細かく対応をするので安心です。マンションによってはオートロック式のものもあります。このような物件は開放してしまうわけにはいけないので専用の対策を採ります。例えばオープンハウスを開催中と看板を出しておき、見学者はオートロックで呼び出してもらうようにします。

内覧希望者がスタッフを呼び出してオートロックを開錠するといったシステムにするとよいです。

オープンハウスは集客力を上げる事が可能

マンションを開放して一般のマンション購入希望者を効率良く集める事ができるのが、オープンハウスのメリットです。

一般的に物件の内覧をするときには予約をする必要があります。オープンハウスは予約など一切なしで自由に内覧をする事ができるのが強みです。面倒な手続きをする必要がなく誰でも気軽に利用できるので集客力があります。

たくさんの人を効率よく集める事ができれば、マンションを購入してくれる人も増えるでしょう。より集客力を上げるために折込チラシやのぼりなどの道具を使いましょう。そうすれば多くの方にオープンハウスを知ってもらうことができます。

これからマンションや一戸建てなどの物件を購入したいという人がいれば、オープンハウスを利用して購入のきっかけを作る事ができます。

購入確率を上げる事ができるのも強み

物件の内覧をする時は仲介を行っている不動産屋に予約を入れる必要があります。時間制の予約となっているので内覧者をバラけさせて内覧をさせる必要があります。一回の内覧で物件を利用できるのは見込み客1組なので効率は悪いでしょう。

オープンハウスを利用すれば内覧がフリーになるので、内覧者がバッティングします。この性質をうまく利用すれば同じ時間に何人もの内覧者を集める事ができます。時間を有効利用して多くの見込み客を集客できれば、物件を購入してくれる可能性も高まるでしょう。

また内覧者のバッティングをすることで見込み客もライバルが多いと感じます。少しでも早く物件を購入したいという気持ちになるので、短時間でマンションを売れる可能性も高まります。

納得の金額で売却できる可能性がある

中古のマンションを売るときに注意しておきたいのが価格交渉です。マンション購入希望者によっては物件の価格交渉をします。

今の値段よりも安くしてほしいと値下げ交渉をするのはよくあることです。一般的に仲介を利用してマンションを売却する時申込みが重なることはないので、価格交渉をしやすい環境になってしまいがちです。売主側から見ていつ物件が売れるのかわからないので、買い手が出たときに素早く売りたいという気持ちになってしまいます。

結局価格交渉をして販売価格を下げてしまうことは結構あります。オープンハウスの場合は一度に多くのお客さんを集めることができます。申し込み客がかぶる可能性が非常に高く価格交渉をしにくい環境を作れるのがメリットです。

たくさんの購入者がいれば売り主も強気の交渉をする事ができるので、希望金額で物件を売却できる可能性も高まります。売り手が主導権を握る事ができるのもオープンハウスのメリットです。

問題点を解決したいときにも便利

マンションを売るときに注意したいのが現状の問題点です。問題点があると物件を購入してくれる人は少なくなるでしょう。ただ重要な問題点を客観的に知る事ができる人は少ないです。こういうときはオープンハウスを利用して利用客の反応を見てみるとよいです。

オープンハウスでは見込み客にアンケートを配ることができます。実際に内覧をしてどのような部分が気になるのかを調べる事が可能です。問題点が理解できれば物件が売れない理由を調べることも容易です。物件の問題点をしっかりと受け止める事ができればマンションを早期売却できるでしょう。

オープンハウスをしてくれる不動産業者を探すのが面倒

オープンハウスは不動産業者を利用して行います。実際にオープンハウスを行ってくれる不動産業者は結構少ないのがネックです。どうしてかというとオープンハウスをするには不動産業者に負担がかかります。オープンハウスをするにあたって負担が結果が見合わないというときは、ほとんどの不動産業者は対応してくれないので注意しておきましょう。

不動産業者としては負担のかかるオープンハウスよりも仲介を重視しています。仲介は物件が売却できなくても不動産業者に損害がないからです。オープンハウスの場合はスタッフを物件に派遣して1日中見込み客の対応をします。

また宣伝広告費やなども業者が負担するためコストが掛かります。ただし不動産業者が買い取ったマンションは売れないと意味がないので積極的にオープンハウスを行います。基本的にオープンハウスを行ってくれない不動産屋と媒介契約をしてしまうと、契約期間が切れる3ヶ月間はオープンハウスをできません。

そこで不動産業者を選ぶときにはオープンハウスに対応してくれるのか調べておくとよいです。積極的にオープンハウスをしてくれるのか事前に聞いておけば契約時のトラブルを回避できます。オープンハウスに対応してくれる業者ならオープンハウスグループというサービスを利用するとよいです。

ここは東証一部上場企業が行っているサービスなので安心です。